3332

たまたまHPをチェックしてたらアクセス件数が3332でした。
幸運な数字3333はどなたが?
当選された方には素敵な賞品を差しあげます。なお 賞品の発送は発表をもって変えさせていただきます。



       成田 賢さん

 ごほんにんでした!!!


スポンサーサイト

「スーパーアニソン魂 “夏の陣”」「ANIME JAPAN FES 」

いま ゆっくり音楽を聴きながら思いを馳せております。
大切なイベントがまた ひとやま完了して無事に終えたのも、全部にたずさわったひと 全部が大変な思いで自分の力を最大限出しきったすばらしさ、皆さんは最高です。
賢   

チャッピー

dog3.jpg

お隣のおうちのポメラニアンと柴犬のミックス 男の子で~す。めちゃめちゃかわいいです。 
抱っこしたぁ~い♪

ANIME JAPAN FES 2007 “名古屋 初見参!!”

さて 名古屋です!
札幌と同じようなテレビ塔があって、道が広くて、なんか似ているから懐かしい感じがしたよ♪

リハ
nagoyariha.jpg

初めて会ったダニーこときただにひろし君と
kitadani.jpg

こちらも初めて アバレンジャーの遠藤正明君と
endo.jpg

音楽面でお世話になった ドラゴンボールの影山ヒロノブ氏と
kage.jpg

いつも縁の下の力もち イケメン揃いのデリケートなテクニシャン スーパーレスキューの面々と
band.jpg

土踏まずが痛かったKENに湿布シールと愛をくれたサイキックラバーのYOFFY&ケチャうまギタリストJOEと
wait.jpg

『親父と息子』 タッキーこと谷本貴義君と
tanimoto.jpg

盛り上がったよね~! 皆さんと近くでオシャベリしている感覚が嬉しかったよ! とにかく凄い熱気で最高?のライブになったと思うけど どうだった?
凄く喜んでもらえたみたいで嬉しかったんだけど、これで皆さんにしばらく会えないんだなぁと思うと少し寂しい気持ちがしたよ~。 
また会う時迄、同士達よ元気でいろよ~。 くすん。

ANIME JAPAN FES 2007 “大阪 夏の陣”

少年の頃過ごした街 大阪。建物や看板がちょっぴり独特でエスニック?歩いている人も東京よりのんびりしてる感じ... 懐かしい記憶が沸きあがってきた。
さてステージは? いやぁー熱かったね~。ただ、ちょっとスモークがきつくて喉がいがらっぽかったんだ。勘弁してちょ! 

リハ 
osakariha.jpg

楽屋 ヤニーズは通路の奥に隔離された。
gakuya.jpg

ビーバーズのレコードを大切に大切に持っていてくれた山本正之氏と
yamamoto.jpg

  レコード拡大写真
beavers.jpg

すっかり仲良くなったムッシュ吉崎氏と
yoshizaki.jpg

かわいーい♪アップルパイさんとおいしーい♪お刺し身と
applepie.jpg

大阪のそして全ての同士達よ!超ド級の声援に感謝!また会おう!

CMソング

「CMソングはどんな歌を歌っておられたのですか?」というご質問があったのでお答えいたしますね♪

今まで230曲あまり歌いました。
記録を紛失してしまい、覚えているだけ書きますね♪

「広さのコルサ」トヨタ、「ハイラックス・イン・カリフォルニア」トヨタ、
「ライフ ステップバン」ホンダ、「チェリーバネット」日産、
「キャリー」スズキ、「シャンテ」マツダ、「セレステ」三菱、
「ロックンロール・マーク2(ロックアラウンザクロック)」ソニー、
「サクラカラー24」小西六、「ハイソフト」森永製菓、「チョコビッツ」グリコ、「キャラメルコーン」東ハト、「ねりわさび」「ククレカレー」ハウス、
「クノール・カップスープ」AJINOMOTO、「レディーナ」明治製菓、
「ラテカセ」ビクター、「アラカルト」東芝、「トマトジュース」カゴメ、
「サロンパス」久光製薬、「ナショナル住宅」パナホーム、
「F2」ニコン、「ワォ」テイジン、「夫婦でワイン」マンズワイン(作曲も)、
「よっちゃんの酢漬けイカ」「おしろこんぶ納豆」「赤福餅」「デサント」
「ソフト99」「赤ん坊の泣き声」、等々で~す♪

「スーパーアニソン魂2007 “夏の陣”」2

打ち上げ風景

『ヤニーズトリオ(ショッカー氏曰く)』
 向かって左から、KEN,チャーリー・コーセイ氏、ムッシュ吉崎氏
ajf5.jpg

『魂の5人組(ショッカー氏曰く)』
 向かって左から、串田アキラ氏,チャーリー・コーセイ氏、ムッシュ吉崎氏、水木一郎氏、KEN
ajf3.jpg

長井秀和氏「間違いない!」+『魂の5人組-1』
ajf6.jpg

ショッカーO野氏+『ヤニーズトリオ』
ajf7.jpg

佐藤健太氏+『ヤニーズトリオ-1』
ajf2.jpg

森口博子嬢+KEN
ajf1.jpg

「スーパーアニソン魂2007 “夏の陣”」

ZEPPに行こうとゆりかもめの「青海」で降りたら、チャーリー・コーセイさんにバッタリ!
ch.jpg

(以下 C:チャーリーさん K:KEN)
K 「神戸の三宮に月光というライブハウスがあったの知ってます?」
C 「 え~?経営者と知り合いだよ。」
K 「その息子さんのサイちゃんに革ジャンもらったことがありますよ。」
C 「え~一緒にバンドやってたんだ。」
K 「火事になったんですよね。」
C 「それでつぶれちゃったよ。」
K 「京都のベラミは?」
C 「もちろん(知ってる)!」
K 「大阪のナンバ一番は?」
C 「もちろん(知ってる)! 15歳のころでバンドボーイしてて楽器運びしてたよ。凄いね~賢さんいくつ?…歳?。オレは4っつ下ですよ~。」
って、それにしては渋いなぁ。KENは田舎作りの若作りでしょ?若いのと、渋いのどっちがいい?そりゃ若渋でしょう!なんだそりゃ~?

ところでAJFは大盛り上がり、超満員♪
ken.jpg

3000人くらいの人が大声援を送ってくれましたよ!KENは精一杯歌いました。
歌詞がライブバージョンになってしまいましたが、そのあたりをショッカー氏に指摘されましたね~。彼はアニメの生き字引ですよね♪
出演者の皆さんも腰が低くて面白い方ばかりKENも奢ることなく謙虚に、いつも笑顔で、全てに感謝して、皆さんと愛しあって生きて行きたいですよ~。痛感しましたね♪
どこかの会社がビデオ撮影していたのでどっかで観られるかも?
とにかく皆さんの声援のおかげで無事に終わって一安心♪
大阪、名古屋もこの調子で頑張りま~す!
待っててね!
ありがとう♪

小旅行 軽井沢

20070818000811.jpg

20070818000824.jpg

イベントを控え、体調管理のため友達の別荘へリゾートに行った。♪
思ったよりも日差しが強く暑かったが、空気が綺麗で風が爽やかだった!
山の中だったのでPC携帯電話は圏外…
完全に隔離され、イベントのことだけ考える時間が出来て、モチベーションが上がり、上質な休暇を過ごした。旧軽井沢、浅間山展望、白糸の滝など盛りだくさんで、皆さんも写真を見て想像してくださいね♪
それにしてもいい友達に恵まれて幸せ!
でも、それ以上に、声援を送り続けて頂いたファンの皆さんの愛のおかげで今の自分がある。♪
望みは何もないけど、このまま死ぬまで歌い続けて行ければそれだけで充分幸せで~す。
ホントに、ホントに、ホントに、ホントに、ア・リ・ガ・ト・ウ

20070818000843.jpg

ラスパルマス



この街は、小さな島なのに高層ホテルが乱立している避寒地で、ヨーロッパの各地から観光客が、レジャーにやってくる。


3月だというのに泳いでいる人もいた。


ひょんな事から、イギリス人の女性グループ7人と知り合い、毎晩ディスコで踊り明かした。


2対7で入れ替わり立ち替わり踊っているとフランス人やイタリア人の男性がアプローチして来た。


けれど彼女達は「私達は日本人がいいの!」とすげなく断わり、彼らは悔しさを露わにしていた。


二人は鼻高々でチークダンスを全員と踊り気分が良かった。


ホテルでKENがお風呂に入っていると、KENのギターを使ってルー大柴氏のワンマンショーが始まり、あまりの面白さにKENは涙を流して大笑いして、「この人は絶対大成する」と確信した。


下積みが長く、チャンスに恵まれなかったが、彼がブレイクした時には自分の事のように嬉しかった。


2週間後、飛行機に乗り遅れた二人は、次の便が飛ぶ一週間後まで、彼女達のマンションに居候することになった。



ヘルシンキ




横浜港から旅立って一週間後、フィンランドに着いた。


ロシアは好きになれなかったが、北国の街ヘルシンキは2月の終わりだったので雪が積もっていて、市電が走り、どことなく、育った街 札幌に似ていて懐かしい感じがした。


この国は、宿敵ロシアに日露戦争で日本が勝ったという歴史上の事実から、親日家が多く、街なかで橋幸夫氏と吉永小百合さんの [ いつでも夢を ] が流れていたりしてびっくりした。


フィンランド人と結婚し、現地の小学校に通い、言葉を覚え一児の母になった日本人女性と、ロシアの船の中で知り合いになった。


彼女に、一晩15ドルの安いホテルを紹介して貰いルー大柴氏と同宿した。


二人とも現金は充分持っていたけど、敢えて貧乏旅行していたんだ。


そして彼女が「 キャンセル待ちで2週間飛行機往復、朝食付きホテル代込み3万6千円 」というその当時としても、べらぼうに安いツアーを見つけてくれて、二人はスペイン領カナリア諸島のラスパルマスへ飛んだ。



そもそも




ヨーロッパに行こうと思ったのは、五木寛之の小説『さらばモスクワ愚連隊』を読んだからだった。


横浜からソ連(現ロシア)の船に乗り、津軽海峡を抜けナホトカまで2泊3日、シベリア鉄道でハバロフスクまで行き、そこから飛行機、8時間でモスクワまで、そこからまた列車でフィンランドのヘルシンキまで、全行程一週間というツアーを選んだのだった。


船の中ではロシアのバンドがGS”オックス”の[スワンの涙]を日本語で演奏していた。 


カウンターでビールを飲んでいると、一人の青年が「ビールいくら?」と話掛けて来た。


「100円だよ!」と答えると、「あれ~エモーションの人じゃないですか? 姉と一緒にアストロで観たんですよ~」 「あっそう~! ありがとう」 そして2人は乾杯した。


その青年は後にコメディアンになるルー大柴氏であった。


その時からトゥギャザーして旅の道連れになった。


当時からすでに「フォーエキザンプル(例えば)」とか「エンジョイしようぜ!」とか言っていて、「面白い奴だなぁ」と思った。


弥次喜多珍道中が始まったんだ!




懐かしき名車

とある場所で珍しい車と出会った♪
この車がパタパタと走っていたのは、東京オリンピックの頃?いや、もう少し前だったか?
どっちにしろ今はまず走っていない!
20070810180716.jpg
スバル360

日本が生んだ、名だたる車で、カーキチのKENの眼から推し量ると、可愛い~と思う愛情、復刻しようという努力、オーバーホール(分解修理)や部品収集、エンジン交換などなどの労力と、それらをひっくるめた軍資金たるや、ベンツが買えるくらいでは無かろうか?
ステイタスシンボルとして高級車に乗る人が多い中、ルパン三世が乗っているフィアット500にしてもそうだが、オモチャのようなこの車に込められた懸けがえのないこだわり…
こういうお金の使い方をする人は、本当にリッチな人(こころが…)だと思う♪

特にシートが白い革の新品?
後ろのボンネットが少し開いているのも、おそらくは360CCを現行の660CCエンジンに乗せ変えたのでは無かろうか?
そうだとすれば、今でもちゃんと走る♪
すっげえ~…

車に興味のないアナタ、お退屈さま…
ごめんね~♪

コペンハーゲン 3

スイスのクゥー(今はクールって言うのかな?)に向かった。
途中の田園風景が凄く綺麗だった。どこの国も田舎は綺麗だね。
特にKENは田舎作りなので…都会の雑踏より好きなんだ。

スイスは潔癖症の国で、駐車する時も線に沿って止めないと罰金!国によっていろいろだね~。
最初チューリッヒに行くつもりが乗り換えないで予定外の街に着いちゃった訳。

遥かに雪山をのぞむ、この街も気に入った。
拒食症になってフルーツばかり食べていたんだ。
今思えばなんて事ない街なんだけど、その頃は反対にそれが良かった。

その後ドイツを目指した。

中津川フォークジャンボリー

自然の中で音楽を楽しもうと言うイベントがあって、東京からバスで行ったんだ。
山のスロープに6万人くらい居たかな?
何年だったかなぁ~
26歳の時だったかな!

この時のメンバーが凄かった。
最初KENのハモニカで、うさぎおいし~かのやま、、、という童謡「ふるさと」を、ブンチャッチャー、ブンチャカチャー、ブンチャッチャーブーンって吹いたんだ!
ハモニカだけで!

そしたら観客6万人のゴーっていう歓声があがった♪
そのままアドリブで ブッチャーッブガー、ぶっちゃーツぶひっ、ぶっちゃーッぶがー、ぶっはっはばお~んというリフを繰り返していると、今度は大手拍子♪♪♪
すると元サムライの原田ユージンのドラムのきっかけでイントロ♪♪♪
ベース細野晴臣(YMO)ギターはビクターから出た? フレンズのギター柴田ピピ。
ヴォーカルはミッキーカーティスの皆さんでした~~♪

終わってユージンが「ハープ(プロはこう言う)よかったヨ~」って言ってくれた。
一番印象に残っているステージです。
ぶっちゃーぶがー、ぶっふぁーぱおーん♪♪

宮崎尚志先生

リンクさせていただいている作曲家『宮崎尚志先生』は、[人間が大好きだ][ぼくのそばに来ませんか]は言うに及ばず、KENのために何曲も提供してくださいました。

いつも「成田さん(先生はこう呼んでくださっていました)は上手い!」とほめてくださいました。恐れ多いことで、KENがどうあがいても書けないすばらしい名曲を数多く残されました。

その先生も何年か前に天国へ行かれ、今頃 『阿久悠先生』と創作活動を始められたかも知れませんね・・・?♪

黙祷・・・

今日の出来事


P2.jpg

P1.jpg

ともだちのイプサムというミニバンに乗って、秋川渓谷までピクニックドライブした。
綺麗な川の中で楽しんで、お弁当♪
KENはもう直ぐ書き換えなので運転はともだちに任せてゴールド免許を維持した。

ピクニックドライブ大好き♪


p3.jpg

近くで東京音頭が聴こえるので行ってみた。
浴衣着て踊っているのが、花のお江戸の感じで楽しそうだった~♪
思わず踊りたくなったよ!
そう言えば小学校2年の時は浴衣に下駄で訳も解らず、踊っていた [北海盆歌] 札幌で.... 
- 田舎ッペ大将みたいに- おにゃんこ先生がそう言った!
楽しいぞな♪もしかして~ん、!!♪


阿久悠先生

この場で追悼の意を捧げます。ご冥福をお祈りいたします。
思えば、三菱グループの番組『おはよう地球さん』のテーマ[人間が大好きだ]と[ぼくのそばへ来ませんか?]は阿久悠先生の作詞でKENが歌いました!音源はありますが、CDは作られていないんです。

KENのライフワークはこの2曲をCD化すること…なんとしても…

作詞作曲

初めて書いた曲は[虹のように]。
ホントは作詞が苦手なんだ。
比喩的な詩が書けなくて、直接的でストレートな歌詞しか出来ない。
曲を書くのは歩いている時や電車の中、突然降ってくる。
それを覚えておいて、後でギターでまとめるんだ。
忘れてしまう事もあるけど、そういうのは大した作品じゃない。
[すべては一部のすべて]は歩いている時、詩と曲が一緒に湧いて来た。
今は事故の後遺症でギターが弾けなくなってキーボードでまとめている。
自分で言うのもおかしいけど何曲か面白いのがある。
だけどレコーディングするのは物理的にも政治的にも凄く大変な事で、今まで何曲もレコーディング出来た事は本当に幸せだと思っている。
プロフィール

evergreen009

Author:evergreen009
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク